※この記事は決してアンチGE3なものでは有りません。

ふとゲームやってて思ったんですよ。

PS4の読込み遅ぇ。


いや、プラスつきのこじん集めしてたんですよ。
1回のミッションロード時間が22~23秒。
クリアタイムは10秒以下(平均7秒)

時間が・・・勿体ない・・・。

待ち時間でTwitterしてたりするけど、どうせだったらもう少し高速周回したいなぁって思ったんですよね。

というわけで、サブマシンからCrucial CT256MX100 256GBを取り出して割とどうでもいいSSD(ADATA SP900)にクローン。
サブマシンのSSDをADATAに載せ替えてMX100を再フォーマット。

今回このためにAREAのUSB3.1対応外付けケースを選びました。
しっかりSSDの性能が引き出せてるかな?
ちなみに自宅にある外付けケースはUSB3.0対応でも

最高転送速度は210MB/s
酷いものだと最高120MB/sだったりしました。
なのでちゃんと速度が出るケースを購入する必要がありました。


今回購入したのはAREAのS255という製品。


実際に読み書きしてみてこの速度なので、特に問題はなさそうですね。
(PCはUSB3.0までの対応です)


何故内蔵させないで態々外付けするのか

ProじゃないPS4では 300MB/s程度の速度しか出ないからです。
まぁUSB3.0でも400MB/sくらいの速度で大体頭打ちするのですが、最大速度近くまで使いたいですし、少しでも早くしたいという目的がありますし。

なによりPS4はゲーム中に常時録画されており、SSDの寿命を早めてしまう恐れがあるからです。たくさんゲームをインストールして容量が枯渇しているなら尚更ですね。
まぁ・・・細かいお話は省きますが。。。

ぶっちゃけゲームの起動さえ早くなれば良いので、今回は内蔵させず外付けするという手法に出ました。

さてさて、結果は如何に・・・

遅いんですけど!?!??!!?

え?何これ全然変わらない・・・
無駄に効率悪い処理(I/O)かけてんのか、PS4の性能使い切れてないのか・・・。

ちょっとこれにはがっかりですね。。。
まぁ他にもがっかりしてるところとか、CODE VEINとの対応の差で葛藤があったりしますが、GE3自体はまぁ、好きです。好きですけどちょっと腑に落ちないところがあるのは否めない。。。

でももしかしたらボクの構築した環境がウンコなのかもしれない・・・・!!!
ゲーム容量が70GBもあるHITMANで再度速度検証してみようと思いました。

・・・・うん

早いな?

なにこれ、構築した環境が駄目なわけじゃ無かった。
というわけでね、思いました。

GOD EATER 3の高速化の為にSSDを導入するのは無駄の極みであると。

なので、GE3のためにSSDを導入して読込みを早くしたいヒトは

導入を即刻止めましょう

マジで無駄です。1秒の高速化の為にする投資額じゃないです。